中国密輸覚せい剤

 車から覚せい剤80キロ押収 

 厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部が、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで、 
中国人の男2人を現行犯逮捕し、乗用車内から覚せい剤約80キロ(末端価格約56億円相当)を 
押収していたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。同部によると、陸上での押収量と 
しては最大規模とみられる。 

 捜査関係者によると、逮捕したのは32歳と33歳の男。同部は数年前から国内外で 
活動する国際犯罪組織を捜査しており、9月にメンバーとみられる中国人が入国したとの 
情報を入手、行方を追っていた。覚せい剤は、日本国内で販売するため輸入されたとみて調べる。 

 
この記事の続きを読む