no title

1
: :2015/01/17(土) 18:45:19.86 ID:
★女性ら7千人、国会取り囲む 安保政策に反対

「集団的自衛権の行使を認めません」「レッドカードを突きつけます」。安倍政権の安保政策に反対する女性たちが17日、怒りを示す赤い服などを着て「人間の鎖」をつくり、国会を取り囲んだ。約7千人(主催者発表)の参加者はシュプレヒコールに合わせ、つないだ手を振り上げた。

主催者側は、1970年代、古い慣習を打ち破ろうとしたアイスランドの女性たちが赤のストッキングを身につけた運動にヒントを得て、参加者に赤のセーターやマフラー、帽子などを着用するよう呼び掛けた。

横浜から来た女性事務職(37)は「息子たちが戦争に行くような社会になるのではと怖くなり参加した」という。

2015/01/17 17:42 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015011701001711.html
安倍政権の安全保障政策に反対し、怒りを示す赤い服などを着て国会を取り囲む女性たち=17日午後、東京・永田町
http://img.47news.jp/PN/201501/PN2015011701001731.-.-.CI0003.jpg
★怒る女性が政権にレッドカード 国会周辺、赤い人間の鎖
2015年1月17日17時49分
赤い服装に身を包んだ女性らが、安倍政権が進める安全保障政策などに抗議するデモが17日、国会周辺であった。
1970年代にアイスランドで広まり、女性の役割の重要性を訴えた「レッド・ストッキング運動」にちなみ、元中央大学教授の横湯園子さん(75)や作家、弁護士らが呼びかけた。
午後2時ごろ、コートやマフラー、帽子など思い思いの赤を身に着けた女性らが国会議事堂を囲む「人間の鎖」をつくり、「戦争反対」「安倍政権にレッドカード」などと声をあげた。
赤いスカーフをまとった東京都西東京市の舞台俳優町田聡子さん(40)は、ナチス・ドイツから亡命した劇作家ベルトルト・ブレヒトを多く演じる劇団に所属。「今の日本はナチス時代に似てきていると感じる。変えたいと思って参加した」と話した。
2: :2015/01/17(土) 18:46:24.32 ID:
7000人?
3: :2015/01/17(土) 18:54:26.70 ID:
では好戦的な中国が、実際に交戦しようとしてきた場合の対処の仕方を提示してください。
この記事の続きを読む